神保・小谷研究室 Webサイト

本研究室では、生命現象の理解という基礎的な領域から生活支援技術の開発に至るまで、幅広い分野を扱います。生体システムは、分子-細胞 -器官から最終的には個体に至るまで、階層構造を形作って様々な機能を実現しています。マイクロ加工技術、ナノテクノロジを駆使した新たな計測手法を含 め,生体システムの様々な階層について計測を行い、得られたデータを統合してモデル解析を行うことにより、生命現象の本質が理解できると考えています。

当研究室は

に所属しています。

News

  • 2016. 3 田中 幸美さんが人間環境学専攻長賞(修士) を受賞しました.
  • 2015.11 酒井 洸児さんがIEEE EMBS Japan Young Investigators Competition for EMBS2015を受賞しました.
  • 2015. 9 磯村 拓哉さんが計測自動制御学会 生体・生理工学部会 学生奨励賞を受賞しました.
  • 2015. 8 磯村 拓哉さんが電気学会 電子・情報・システム部門大会 優秀論文発表賞を受賞しました.
  • 2015. 8 小川 雄太郎さんが電気学会 電子・情報・システム部門大会 優秀論文発表賞を受賞しました.
  • 2015. 8 酒井 洸児さんが電気学会 電子・情報・システム部門誌 論文奨励賞を受賞しました.

研究内容の紹介

本研究室では,下図のように,細胞から個体までの生命現象を理解する研究を行っております.

HP_TOP_日本語

具体的なテーマは下記のようなものがあり,それぞれの学生が興味を持った対象を研究しています.

講義資料

2015年度

信号処理工学

2016年度

ニューロエンジニアリング

Dataset

Isomura T., Kotani K., Jimbo Y. Cultured cortical neurons can perform blind source separation according to the free-energy principle. PLoS Computational Biology Vol. 11, No. 12, e1004643

Supplementary Dataset. Detailed dataset of responses of cultured neurons. Data are trains of evoked spike numbers in trial 1 to 100 in each culture. TRN, data from the training group (x(t)_trn_1.csv, …, x(t)_trn_23.csv). APV, data from training group in the presence of APV. PRT, data from the partially training group. In file names, alt1, alt2, alt3, and alt4 indicate data under the alternative conditions where (merged balance (a), source firing probability (ρ)) = (1/2, 1/2), (3/4, 1/4), (3/4, 3/4), and (1, 1/2), respectively. Full descriptions of these data can be found in the paper. Data can be downloaded via the following links: